はじめてSTORY3

高松本社 大浦 慈香

  • 前職は、子供の遊びを指導する児童厚生員として児童館で仕事をしていました。全く縁のない世界へ飛び込んだのは、得意の英語を生かして海外拠点への対応が出来る仕事に惹かれたからです。現在は、製作部門で現場経験を積みながら、海外とのやりとりを担っています。海外出張をして、現地工場の環境整備や仕事の進め方の改善活動などを行うのが私の仕事です。大切にしているのは、国民性の違いに配慮すること。もともと人と関わることが好きなので、海外でもコミュニケーションに注力し、何気ない会話を大切にしています。その上で、相手が受け入れやすい提案を行うよう心掛けます。そして一緒に動く。そうすれば、お互いに気持ち良い関係が築けます。今は、知識が増えていくのが楽しいし、自分の考えや思いが伝わって、文化の違いを超えて、相手が実行してくれる喜びを感じています。当社は、アットホームで、上司と部下の距離が近い会社です。単に「仲がいい」というよりは、「気さくに話せる尊敬できる上司」がいる理想的な環境。上司は、冗談を言いながらも、私の頑張りや弱点をちゃんと見てくれている実感があります。だから仕事がやりやすいんです。当社は、従業員が「会社の役に立ちたい」と思える会社です。